送信しています

検索タグ:相続 全4件

エーエイチシー株式会社のロゴのアイコン

ブログ記事一覧

■ 1ページ目

AHC株式会社のブログ記事のトップ画像
1

2024年7月19日

スタッフ日記

#不動産売買

#相続

#島尻アイランド

不動産相続の用語集:初めてでもわかる基本用語


今日は、不動産相続に関する基本的な用語について簡単に解説します。1. 相続(そうぞく)相続とは、亡くなった方(被相続人)の財産を家族や親族(相続人)が引き継ぐことを指します。相続には、不動産、現金、株式など様々な財産が含まれます。例: 父親が亡くなり、その不動産を子供たちが相続する。2. 被相続人(ひそうぞくにん)被相続人とは、亡くなって財産を遺す人のことです。相続が発生する際、その財産を遺す側の人物を指します。例: おじいさんが被相続人で、その財産を孫たちが受け継ぐ。3. 相続人(そうぞくにん)相続人とは、被相続人の財産を受け継ぐ人のことです。相続人には、配偶者や子供、両親、兄弟姉妹などが含まれます。例: 母親が亡くなり、子供たちが相続人として財産を受け継ぐ。4. 遺言書(いごんしょ)遺言書とは、被相続人が自分の財産を誰にどのように分配するかを指定した文書です。遺言書がある場合、その内容に従って相続が進みます。例: お父さんが遺言書に「自宅は長男に、貯金は次男に」と書いた。5. 遺産分割協議(いさんぶんかつきょうぎ)遺産分割協議とは、相続人全員で遺産をどのように分けるか話し合うことです。この協議で合意が得られれば、遺産分割協議書を作成します。例: 兄弟3人が集まり、父親の不動産と現金をどう分けるかを話し合う。6. 相続放棄(そうぞくほうき)相続放棄とは、相続人が相続権を放棄することです。これにより、負債も財産も一切引き継ぎません。例: 借金が多い遺産を相続したくないので、相続放棄をする。本日は以上になります。不動産のご相談はAHC株式会社へお気軽にご連絡ください。

AHC株式会社のブログ記事のトップ画像
2

2024年1月18日

スタッフ日記

#Sのつぶやき

#相続

不動産相続の手続きガイド


相続が発生すると、不動産を相続するためにはさまざまな手続きが必要です。以下に、不動産の相続手続きの流れや方法、相続登記にかかる費用、必要な書類について解説します。不動産の相続手続きの流れ遺言書を確認する相続が発生したら、まずは遺言書の有無を確認します。遺言書がある場合は、その内容に従って相続手続きが進行します。相続人を確定させる遺言書の有無を確認しながら、相続人を早期に確定させます。戸籍謄本を取得して相続人を特定します。財産を特定して財産目録を作成する相続人が確定したら、被相続人の財産を特定し、財産目録を作成します。不動産の有無は固定資産税の課税明細書や市区町村の名寄帳から確認します。遺産分割協議を行う遺言書がない場合や遺言書の内容に基づきつつ、相続人全員で遺産分割協議を行います。分割内容が合意されたら、遺産分割協議書を作成します。相続財産の名義変更(不動産の相続登記)不動産を相続する場合は、相続登記を行います。登記事項証明書などの書類を用意し、相続人の名義変更手続きを行います。相続税の申告・納付相続税の申告と納付を期限内に行います。相続税の計算は正味の遺産額から基礎控除額を差し引いて行われます。相続税の計算式正味の遺産額の計算不動産や他の財産から非課税財産や債務を差し引いた正味の遺産額を計算します。基礎控除額の計算法定相続人の数に応じて基礎控除額を計算します。課税遺産総額の計算正味の遺産額から基礎控除額を差し引いて課税遺産総額を計算します。法定相続割合で割る課税遺産総額を法定相続割合で割り、各相続人の相続財産を算出します。相続税の計算相続税率をかけて各法定相続人の相続税額を計算し、総額を算出します。配偶者や未成年者には税額控除が適用されます。不動産を相続する方法現物分割不動産をそのまま相続し、相続人で分割する方法。手続きは比較的簡単ですが、評価額の異なる場合には注意が必要です。代償分割法定相続分より少なく相続する相続人が他の相続人に代償金または他の財産を支払う方法。換価分割不動産を売却して現金化し、その代金を相続人で分割する方法。相続人が不動産の相続を望まない場合や相続税の資金がない場合に利用されます。共有名義複数の相続人が共有名義で不動産を相続し、持分割合を登記します。注意が必要なトラブルもあります。不動産を相続する際の評価方法土地の評価方法路線価方式や倍率方式を用いて土地の評価額を算出します。土地の評価額は相続税の申告に利用されます。家屋の評価方法家屋の評価は固定資産税評価額が使用されます。詳細は課税明細書に記載されています。居住用の区分所有財産の評価方法区分所有権の価額と敷地利用権の価額を合算して算出します。区分所有補正率が適用されます。相続登記にかかる費用登録免許税:相続登記には登録免許税

AHC株式会社のブログ記事のトップ画像
4

2022年3月1日

スタッフ日記

#売買

#土地

#南城市

#相続

【決済・お引き渡し】南城市大里字仲間 土地


はいさい!AHC砂川です。先日、南城市大里字仲間の土地の決済・引渡しがありました。本物件は、今回の決済・引渡しまでに約2年を要しました。私が遊休地調査を行っており、本物件の近隣訪問を飛び込みで行っていたところ、たまたま所有者様と出会うことが出来き、土地のお話をお伺いすることができました。結果、相続問題が発生していました。弊社が土地買取りを行う条件で相続問題を進めていくことでご了承を頂きましたが、資産相続でやはり揉めたり、相続人の所在が不明で弁護士に依頼をしたり等、すべての相続人との話し合いがまとまるのに約1年半かかりました。所有者様もいろいろ嫌な思いをされながらも、長い期間この問題に向き合ってご協力頂きました。所有者様のご家庭の状況を色々伺っており、どうにか相続解決が出来たら、、、と思っていたので、解決でき本当に良かったと思います。今回の土地売買で、これからもっと幸せな生活を送って頂けたら。。。と心から願っております。今回の相続手続き、土地売買に関わって頂きました関係者の皆様へ深く御礼申し上げます。不動産の賃貸・売買・買取・管理のご相談は是非、AHC株式会社まで。

トップページ

MENU

カテゴリ#タグ検索

AHC株式会社は持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています。

©️AHC株式会社
不動産売買・賃貸仲介管理・売却査定・買取販売 / 保険代理店
沖縄県糸満市西崎町3-7-7

カテゴリ#タグ検索

検索タグ