送信しています

沖縄不動産売却 | AHC株式会社

不動産の相談窓口 AHC株式会社

理想のお部屋を
探しましょう。

沖縄不動産売却 | AHC株式会社

物件を探す

沖縄不動産売却 | AHC株式会社
沖縄不動産売却 | AHC株式会社

売却査定
管理相談

沖縄不動産売却 | AHC株式会社
沖縄不動産売却 | AHC株式会社

不動産の相談窓口 AHC株式会社


オーナー様の
悩みを
解決します。

豊富な実績と経験を持つ私たちが
丁寧にサポート致します

沖縄不動産売却 | AHC株式会社

スタッフブログ

沖縄不動産売却 | AHC株式会社

2024年7月19日

スタッフ日記

不動産相続の用語集:初めてでもわかる基本用語


今日は、不動産相続に関する基本的な用語について簡単に解説します。1. 相続(そうぞく)相続とは、亡くなった方(被相続人)の財産を家族や親族(相続人)が引き継ぐことを指します。相続には、不動産、現金、株式など様々な財産が含まれます。例: 父親が亡くなり、その不動産を子供たちが相続する。2. 被相続人(ひそうぞくにん)被相続人とは、亡くなって財産を遺す人のことです。相続が発生する際、その財産を遺す側の人物を指します。例: おじいさんが被相続人で、その財産を孫たちが受け継ぐ。3. 相続人(そうぞくにん)相続人とは、被相続人の財産を受け継ぐ人のことです。相続人には、配偶者や子供、両親、兄弟姉妹などが含まれます。例: 母親が亡くなり、子供たちが相続人として財産を受け継ぐ。4. 遺言書(いごんしょ)遺言書とは、被相続人が自分の財産を誰にどのように分配するかを指定した文書です。遺言書がある場合、その内容に従って相続が進みます。例: お父さんが遺言書に「自宅は長男に、貯金は次男に」と書いた。5. 遺産分割協議(いさんぶんかつきょうぎ)遺産分割協議とは、相続人全員で遺産をどのように分けるか話し合うことです。この協議で合意が得られれば、遺産分割協議書を作成します。例: 兄弟3人が集まり、父親の不動産と現金をどう分けるかを話し合う。6. 相続放棄(そうぞくほうき)相続放棄とは、相続人が相続権を放棄することです。これにより、負債も財産も一切引き継ぎません。例: 借金が多い遺産を相続したくないので、相続放棄をする。本日は以上になります。不動産のご相談はAHC株式会社へお気軽にご連絡ください。

ブログ記事一覧を見る 沖縄不動産売却 | AHC株式会社

新着賃貸情報

1

お問い合わせ電話番号

098-992-5522

営業時間 9:30 〜 18:30

AHC株式会社は持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています。

©️AHC株式会社
不動産売買・賃貸仲介管理・売却査定・買取販売 / 保険代理店
沖縄県糸満市西崎町3-7-7